投稿の殿堂は、ハイクオリティなインディーズミュージシャンを発掘、応援する音楽サイトです。


OCTOBER BABIES
[オフィシャルサイト]


▲曲を聴いて気に入ったら拍手ボタンClick!
PROFILE
OCTOBER BABIES(オクトーバー・ベイビーズ)。 米在住バンドなのに、曲の90%が日本語という、October Babies。

それは、そもそも透子がストレス解消の為、歌を作って歌っていたところ、それをバンドで演奏しよう!と盛り上げてくれたメンバーのサポートがあったからなのでした。
07年のバンド活動開始当初は、日本語で歌ったら引くかも…と想っていたら、暖かく受け入れて戴け、今も透子、Erik、Ben、Daleの4人でアメリカを中心に活動中です!


MESSAGE
アメリカで活動している私達の曲がこうしてこの地球上のどなたかの心に届いて、そして投票をしていただけたということがあまりにも凄いので皆でひたすら感動、感謝しています。
08年に行った日本ツアーが本当に心に深く刻まれる素晴らしい体験だったので、なんとかこれからも日本とアメリカ、ないしは地球上のどこかでパフォーマンスしていけたらと4人そろって想っております!
いつかどこかでお会い出来る日を楽しみにしつつ…


BACKNUMBER
  • 我が街の動画にてインタビューに答えてます
  • Super High Funky Night (2010年初ライブレポート)


  • OCTOBER BABIES
    INFORMATION ARTIST OFFICIAL SITE


    私のアメリカでのホームタウン、Ypsilantiのビデオです!

    このビデオの中で、October Babiesのベースのエリさんが

    インタビューに答えています。 (私が歌ってるのもちょっと出て来る)

    本当に暖かくって気取りのない、人間臭い人が住んでいる街。

    October Babiesもすべて、ここから始まりました。 

    私が初めてアメリカで歌い始めたのもここ、Ypsiでした。

    最初は本当に誰も日本語の歌なんて聴きたくないよね...と

    本当に私、歌うの?という感じだった。

    でも友人一同が、いいじゃん!歌ってよと背中を押してくれて・・・

    私は小さい頃から Ronettesと50's PopsとThe BeatlesとThe Beach Boys、

    France Gal(などなど・・・他にも沢山)が大好きで

    もちろん英語もフランス語も分からなかったけれど聴こえてくるまま歌ってた。

    言葉なんて関係ないって想っていた。

    音楽はユニバーサル・ランゲージなんだって想ってた。

    でも・・・それでも、アメリカの日本人なんて滅多に出会わない様な場所で

    日本語で歌って大丈夫なの?!ってやっぱり想ってちょっとひるんだ。 

    それが・・・

    本当に私はラッキーだと想う。暖かい周りの人達に支えられて守られて、

    励まされて今もこうして歌っています。

    沢山沢山勇気をくれた人達が今バンドメンバーとして一緒に活動してくれてる。

    もしくはお客さんとしてライブハウスに足を運んで一緒に踊ってくれてる・・・


    他のどこでもなく、この街に最初にこれてよかった。 

    出会えた全ての人達に感謝です。

    今でもまだ、日本語の歌というだけで、聴く事もなく敬遠されることもあるけれど、

    ステージを観てくれた人達はMusic is Universal language!と

    伝えてくれる事が多い。


    今年の夏は去年同様、いや寧ろ去年よりも沢山のサマーフェスティバルに

    参加出来そうです。嬉しいなぁ!

    3月にはTVの番組の収録も待っています!(45分間の特別番組を地元のテレビ局が

    作ってくれる事になりました!わー!)

    沢山の人達と出逢って、青空の下、音楽空間を作っていきたい、

    そう想っています!!


    それではそれでは!!!


    透子より


    ****

    October Babies Website

    October Babies MySpace

    October Babies Facebook

    October Babies YouTube

    ★Ao-zora Radio from USA★ (←月一回更新のPodcastです)

    October Babies Twitter(はじめました〜)


    Last update:2010年2月25日 13:25 | コメント(0)
    new_octoberbabies10_website.jpg

    ※ 新しくセカンドギター兼キーボード兼アートサポートのメンバーとしてMikeが参加しました!


    2007年の10月から色んなライブをやってきているけれど、

    2010年最初のライブは、忘れられない一本となる事と想う。そんな時間でした。


    もちろん2008年の日本ツアーや、去年のサマーフェス、

    どれもこれも私達にとって素晴らしい時間で、

    今もこれからも絶対に忘れられない想いの詰まったステージ。

    本当にどれも比べ物にならないんだけれど・・・


    ・・・ただ今回はちょっとそれぞれのメンバーの置かれている状況が

    それぞれにそれぞれの理由で厳しい中でのパフォーマンス。

    あ、でも、だからこそかもしれないけれど...

    メンバー全員とお客さんと皆がね響き合って、会場が、

    すっごいエネルギーで満ちあふれていって

    本当に本当に皆で一緒に空飛んでる感じで・・・

    super ハッピーに幕を閉じる事が出来ました。

    中にはハッピーでハイでファンキーで嬉しくて、

    なんか涙でてきたって伝えてくれる人もいてね。

    そういう私もだったのですが。


    ・・・で、ビデオをまとめてみたんだけれど、うーん、

    やっぱりビデオだと難しいかな。伝わるかなぁ...

    わぁ〜会場で見て欲しかったな〜

    ・・・といっても無理な話なので、ビデオをこちらに・・・

    ☆ビデオへのリンク☆


    今回はオクトーバー・ベイビーズの男どもに

    スポットライトを当ててみました(ちなみに我々October Babiesの曲のうち20%は

    ギターのデイルとベースのエリさんがメインで歌っています)


    そしてスペシャルゲストとして"プライド"君もフリースタイルで参加。

    プライドは彼女と一緒に来てくれたんだ。

    この日は彼らの新しい門出の日だったのね。

    ライブ前に彼女が遠慮がちに

    『もしも...チャンスがあったら、プライドに少しだけ

     フリースタイルで参加させてもらえないかな』

    と聞いてきたのね。

    『今日、やっとリハビリが終わって街に帰ってきたの。

     私達にとって大事な日なんだ。もしも可能であればなんだけど...』

    とのこと。

    詳しく事情を聞くと、プライドはドラッグアディクトで約一ヶ月

    リハビリの為施設に行っていたんだそうだ。

    (ちなみにリハビリはこれからも続くのだけれど、

     数週間はまた家で暮らせるとのこと。

     そうしてまた施設に戻るんだそう。)

    苦しい時を越えてやっと街に帰ってきたのがこの日、ライブ当日。

    本当は身体はくたくただったという事なんだけれど、オクトーバー・ベイビーズがくるなら

    行こうと来てくれたとのこと。

    事情を知っている人も知らない人も、久しぶりに街に帰ってきた

    プライドのフリースタイル、食い入る様に見て本当に心から拍手送ってた。

    彼女のミスティーク、プライドのこと、ずっと長いこと支えてきてるんだ。

    「少しずつしか変われないのは分かってる。

     ドラッグアディクションはそんな簡単なものじゃない。

     でも、乗り越えようと今日まで二人できたの。

     今夜はプライドに想いっきり楽しんでほしかったんだ。

    本当にありがとう。One day at a time...」と、ライブ後、語ってくれました。

    乗り切れよ、プライド。ミスティークを裏切るな、自分を裏切るなよと

    伝えてまたねと別れました。

    (ちなみに彼ら二人ともオクトーバー・ベイビーズTシャツ着てくれてて、

     すごく可愛かった。)


    あとね、今回のライブ、ギターのデイルがやっとミシガンに帰ってきて、

    水を得た魚の如く皆を引っ張ってくれて、

    『あ、天使だ!天使がギター弾いてる』って想ったんだ。これ、ホントに。

    でね、デイルを先頭にいつ以来だろうっていうエリさんの心からの笑顔。

    涙出てきた。

    仕事があんまりにも忙しくてくたくたのベンもやっと解き放たれてた様子。

    新しく今年からOctober Babiesに参加する事になったマイク、

    今までは会場で楽しんでいたのに、

    自分がステージ上にオクトーバー・ベイビーズと一緒にいるんだ〜!と大興奮で...。

    本当、よかったよかった。


    ミシガン、失業率相変わらず高いし、アメリカの中でも一番危険な街トップ10の

    上位に入る様な街が3つもあったり、本当になかなか厳しい状況です。

    冬は特にずっとグレイの空でミシガン湖からの風が突き刺さって来る寒さだし。

    でもね、そうしたきつい状況だからこそ、こうしてこの時間だけは皆で楽しもうって

    音楽に熱がこもるんだとライブハウスのオーナーのジョーとティムが言ってた。

    そうなのかもなと想った。厳しい中だからこそ、娯楽が必要なんだろう。

    ホント、そう想う。私も含めて。

    音楽を通して想いっきり馬鹿にもなれること、

    そして想いっきりファンキーでハイになれる、

    そんなメンバー達を愛おしくも誇らしくも想う。

    イヤほんとにね、音楽こそが一番の薬だなと想う。

    2010年、まだまだ行くぞ〜!

    次のライブは5日後です!(ライブスケジュール詳細は

    October Babies MySpace  などチェックしてみて下さいませ!)


    *****

    こちら、先週かけていただいた曲と、Can I Be Born Again?のPVへのリンクです

    Fleeting Love PVへジャンプ

    Can I Be Born Again? PVへジャンプ

    ではでは・・・


    透子拝



    ****

    October Babies Website

    October Babies MySpace

    October Babies Facebook

    October Babies YouTube

    ★Ao-zora Radio from USA★ (←月一回更新のPodcastです)


    Last update:2010年2月 8日 08:51 | コメント(0)